水位計  水晶式水位計

TOP > 業務概要 > 水位計  (システムの一例です)  測定柱式水位計へ
局 舎 内       局 舎 外
観測装置の動作について
 
@テレメータ監視装置より起動信号が来ると観測装置は、水位計にデータロック信号をだします。
   (水位データは変動するので安定させる必要があります)
 A安定したデータを取得後、観測装置はデータを送信します。
  10分や1時間と言った間隔でデータを監視装置へ送っています。

水位計の動作について
 @川の水位が上昇、下降する事によりセンサーにかかる圧力が変化します。
   水晶振動子(センサー)は圧力により発振し、その変化する周波数を水位計デコーダに渡します。
 A水位計コーダーはセンサーより入力した周波数信号を水位データに変換すると共にデータを保存
   記録します。
水晶式水位計(QSシリーズ)  
型  名 QS-□□
(□□には、測定範囲(10、20、30、50、70)の数値が入る)
測定方式 大気圧開放型差圧検知方式
精  度 0.05%F.S.(at20℃空気圧)
出力方式 周波数信号(28〜44kHz)
測定範囲 0〜10、20、30、50、70m
伝送距離 センサー〜水位計コーダー間:最大2.0km
(ただし、センサー〜中継ボックス間:最大200m)
電  源 センサー   :DC12V(水位計コーダーより供給)
水位計コーダー:AC100V or DC12V or DC24V
機器構成(例) 水晶式センサー、中継ボックス、水位計コーダー
水位計コーダー  
型名 WLC-□□-□□□□□□
(□には、水位計機種、入力数、出力種・数、電源に対応する数値等が入る)
表示 LCD 128×64ドット
操作 タッチパネルによる
処理機能 a)平均演算:無し、加重平均、移動平均
b)レベル加減算
電源 AC100V or DC12V or DC24V
入力
(オプション)
各種センサー 同機種で最大2量まで
※デジタル水位測定柱に関しては、最大1量
出力(標準) シリアル通信信号(RS-232CまたはRS-422) 1量
出力
(オプション)
アナログ出力:1入力につき2量まで
       4-20mA、0-5V、0-10mVより選択
BCD出力   :1入力につき最大2量まで
       BCD5桁奇数パリティ付き
比較出力  :1入力につき8点分(A,B,C,D≦H及びA,B,C,D≧H)
       無電圧A接点
プリンター :記録時間 無し,1,2,5,10,15,20,30分,1,2,3,6時間
       印字容量 約6ヶ月(記録紙φ50 記録時間1時間)
カード記録 :記録媒体 SDカード
       記録時間 無し,1,2,5,10,15,20,30分,1,2,3,6時間
       記録容量 1分記録1年以上


戻 る

Copyright(C)2006 Sanwa Musen Co.,Ltd All Rights reserved