雨量計について

 TOP > 業務概要 > 雨量計について
  雨量計について 
 外形・構造
  @ 受水口(雨が降り込んでくる所)
  A 漏斗 (降り込んだ雨を集める所)
  B 転倒ます(水を計る所)

 「受水口」からの雨が「漏斗」で集められ「転倒ます」へ雨水を貯める。
 0.5mm(1.0mm)に達すると「転倒ます」が倒れ、溜まった雨水を排水する。
 倒れる事により反対側の「ます」へ再び雨水が溜まりはじめる。

 「転倒ます」が転倒をするたびに接点パルスを発生する
 このパルスの数を計測することによって降水量がわかります。

 0.5mmの転倒ますなら4回転倒したなら2.0mm
 1.0mmの転倒ますなら4回転倒したなら4.0mm
 
  0.5mm型と1.0mm型について

  雨が多く降ると「ます」は降水量により誤差を生じる
  その誤差は100mm/h以上の強雨に対して増加して行く傾向にある。(転倒しつつある「ます」に雨水が流れ込むことによる誤差)
  1mm型と比較した場合に、0.5mm型のますの方が強雨時の誤差は大きくなる。
  強雨時対応には1.0mm型のますが、0.5mm型より優れていると言える。

  上記以外にも貯水型、大型転倒ますと言った種類もあり 設置場所、目的に合わせて選定の必要がある。
  積雪のある場所には、ヒーター付のものもあり雪などを溶かして 計測できるようになっているものもある。
  転倒ますの1mmって・・

  転倒ますの受水口径を、200mmとするならば(検定上は10cm以上あれば良い)

  1mm(=0.1cm)の降水量に相当する水の量は、

  円柱の体積 : 半径×半径×円周率×高さ = 10cm×10cm×3.14×0.1cm = 31.4cm

  つまり 1mm型の転倒ますでは、1転倒で 31.4CC の水が流れ落ちます

  余談 : 立法センチメートルを英語では、「cubic centimeter」といいます。 ccはcubic centimeterの略です。
  用語の定義 (気象観測の手引きより抜粋)

 ・降水 
  降水とは、大気中の水蒸気が凝結したり、昇華してできた液体・固体の生成物、
  すなわち雨・雪・あられ・ひょうなどが落下する現象、又は落下したものの総称である。

 ・降水量
  降水量とは、ある時間内に降った雨・雪などの量であり、降水が流れ去らずに
  地表面上を覆ったとしたときの水の深さ(雪などの固形降水の場合は溶かして水とした時の深さ)で表す。

 ・降水(雨量)強度
  単位時間あたりの雨や雪の量
  単位について

  降水量は、mm単位で表す
  但し、降水量は気温などのようにある時刻に於ける瞬時的な値でなく、観測時刻前の一定の時間
  (たとえば1時間・3時間・1日)における総量として表す。
  降水強度は、その降水が1時間続いたとした値、mm/hで表す。
  積雪の深さは、cm単位で表し観測時刻に於ける値である。 
  設置について         できるだけ風の影響がない場所とするのが理想。

  ・降雨の測定誤差を少なくするために上空45°の範囲に樹木、建物等の障害がないこと
   (おおむね10m四方以上の解放された所)が望ましく、また、風の吹き上げや吹きだまる所、
   傾斜地、窪地、崖縁、山の稜線からはできるだけ遠い所を選びます。
  ・受水口はできるだけ低くします。
   (地表面からの受水口までの高さは約50cm程度とすることが望ましいが、局舎屋上等に設置する場合は
  ・中央部など風の影響を受けにくい所を選定します。)
  ・豪雪地帯では、積雪の深さを参考にして、かさ上げします。
  ・ビルの屋上等、特に風の強いところや雪を対象にした観測局では風よけをつける等考慮します。
  ・気象業務法により、観測を行う機器は、気象測器検定に合格したものでなければならない。
  気象庁ホームページへ   気象観測を行う場合に(PDF)   より良い雨量観測のために(PDF) 


戻 る


Copyright(C)2006 Sanwa Musen Co.,Ltd All Rights reserved