無線LANについて

 TOP>業務概要>無線LANについて
無線LAN
 無線LAN 家庭内やオフィスに内にある複数のパソコンやプリンター、ネットワーク機器を接続させるために
 無線を使用して機器をつなげること
 無線LANには、いろいろな規格がありIEEE(電気電子学会)所で策定されています。
 最近では、だいたいどの製品でも802.11b/a/gには対応しています。

<802.11b>
  1997年に802.11規格ができあがったんですが、伝送速度が2Mbpsと遅かったんです。
  1999年に802.11b規格ができて伝送速度が11Mpsまであがりました。

<802.11a>
  同じころ5GHz帯の一部も無線LAN用に使用可能になり伝送速度も54Mbpsとなったのが802.11aです。

<802.11g>
  802.11bの上位規格として開発、周波数は同じ2.4GHz帯だけど伝送速度は54Mbpsになっている。
  上位規格なので802.11bとの互換があるので11Mbpsでの通信は可能。

<802.11n>
  今後の主流になってくる802.11n 一般家庭にもFTTH(光接続)等が増えて無線での伝送速度も
  有線時の速度を落とす事無く使いたいですよね。そう言った意味では魅力ある規格です。

  技術的にはMIMO(Multiple Input Multiple Output)を使用し高速化を実現。

  規格 周波数帯   伝送速度  備考
802.11b  2.4〜2.5GHz 最大11Mbps  免許不要 従来の802.11との互換
802.11a 5.15〜5.35GHz
5.47〜5.725GHz
最大54Mbps 5.15〜5.35GHz:屋内の利用に限り免許不要
5.47〜5.725GHz:屋内外に限らず免許不要
802.11g  2.4〜2.5GHz 最大54Mbps   免許不要 802.11bとの互換
802.11n  2.4GHz /5GHz 最大600Mbps   2009年9月頃正式?(既に製品的には300Mbps)

  無線LANの通信モードについて

  インフラストラクチャーモード(Infrastructure Mode)


      一般的な利用モード

 @ アクセスポイントを中継としてパソコン間、プリンタ等
   での相互通信が可能。

 A 通信の効率が良い

 B 接続する無線LAN機器が多いときに有利

 C モデムがあればAPを中継して、全ての機器からインターネット
   と接続可能



  アドホックモード(Ad−Hoc−Mode)


    @ アクセスポイントを中継せずにパソコン間での通信が可能
  A アクセスポイントがいらない。
  B 複数台の通信が苦手
  C インターネットに接続しずらい。

  あまりおすすめのモードではありません。

  が・・手近な所では、PSPのゲームシェアリングなんて所で
  使われてたりします。
  (一つのソフトで二つのPSPを動かします)

  小学生でも上記の二つのモードを使い分けてますから
  凄いですね。  


  無線LANのセキュリティー

  無線LANは有線LANと違ってノートパソコンを持ち運べたり、有線LANのケーブルを布設できないところを無線化し
  ネットワークの構築が容易にできます。
  ただし、無線を利用しているので無線の傍受やネットワークに不正に侵入されたりする可能性があります。

  何もセキュリティーが設定されていない無線LANへは簡単にアクセスされてしまいます。

  お金をかければ、色々とできますが まずは機器に備わってる<ステルス機能><MACフィルタリング>
  <暗号化>の設定を有効にしましょう。


 <ステルス機能> 

 ・アクセスポイントを見えなくする機能です。
  アクセスポイントにはそれぞれ識別のためにSSID(Service Set IDentifier)と言うIDがあります。
  IDが一致した場合に通信が可能となる機能です
  IDが分からない第3者にはアクセスポイントへの通信はできません。



 <MACフィルタリング>

 ・事前にアクセスポイントへ接続できるPC等を設定する機能です。
  無線LANカード、アダプタ、LANボード等には、唯一固有のアドレス(MACアドレス)がついているので
  これを事前に登録しておいて、このアドレス以外の接続を拒否します。



 <暗号化>

 アクセスポイントへの進入を制限しても、通信中の電波は誰もが傍受する危険をはらんでいます。
 通信するそのものを暗号化して保護する必要があります。

 WEP(Wired Equivalent Privacy)   △
  IEEEによって標準化されており、IEEE 802.11bのセキュリティシステムとして採用。
 ネット上に暗号を解読するツールが配布されており、安全な暗号とは言えなくなってきている。
 WPA(Wi-Fi Protected Access)  ○
  無線LANの業界団体Wi-Fi Allianceが2002年10月に発表した、無線LANの暗号化方式の規格。
 WEPに脆弱性が発見され、それに変わる暗号方式
 暗号鍵を一定時間毎に更新する「TKIP」と言う暗号プロトコルを採用するなんどの改善が加えられている。
 WPA2(Wi-Fi Protected Access 2)  ◎
  無線LANの業界団体Wi-Fi Allianceが2004年 9月に発表した、無線LANの暗号化方式の規格。
 AES暗号に対応し、WPAより堅牢なセキュリティー方式。




戻 る

Copyright(C)2006 Sanwa Musen Co.,Ltd All Rights reserved